映像祭を振り返る②

2018/12/26

さて映像祭後編は、”YouTuber中野に触れる夜”です。

中野さん気になるな。八王子の地元ネタ知りたい。
>> どうぞ!お進みください

ものづくりの真面目な話だけしたい。ユーモアは不要。
>> 残念!この記事をスキップ

中野さんは、紳士でキュートな踊れる肌着屋さん。
八王子の温かい肌着専門店「イツミヤ」の代表取締役です。


photo credit:写真館桃屋美術

そんな彼のYouTubeは、内容と動画編集のクオリティの高さから最近じわじわと人気を集め、配信動画が20に満たないというのに番組登録者数は2,500人を優に超えています。(2018年12月現在)

今や年配のお客さんのみならず、幅広い世代のアイドルとなった中野さん。彼の人となりを直に感じ、共に大画面で動画を見る今回の企画の一部始終を振り返ります。

まずはいったい、どんな動画なの?ということで、冒頭はこちら。

中野さんのすごさ—1
BGMの使い方。

中野さんの動画は基本的に、脚本by 出演by 撮影by 音楽by 編集by ご本人です。動画での、背景音楽の使い方の秀逸さが語られました。
途中からラーメンの食レポ始まっているのに悲しいBGMが続き、物悲しさが抜けないというトリック。

続けて上映されたのは、こちら。

中野さんのすごさ—2
いきなり踊りだす。

ときどき、動画の途中で唐突に切れのいいダンスタイムが始まります。オチをつけることも忘れない心意気。感心しつつも笑っちゃって、次に期待してしまうのです。

そして壇上の話は過去の動画についてへと移りました。

中野さんのすごさ—3
大久保長安への愛がすごい。

八王子市民も知ってたり知らなかったりする大久保長安という偉人。より多くの人に知ってもらおうと、動画配信を始めた当初から投稿されていました。今と変わらぬテンポの良い語り口から学ぶ(?)大久保長安の歴史は、ラジオドラマのように聞こえてきます。

芸人出身で武将にまで出世を果たした大久保長安。考えてみれば、中野さん自身が芸能の人です。このYouTuberの行く末は、平成も終わろうとする現代の武将なのでしょうか、、、?

映画祭は一段落し、途中のムチャ振りにも120%のパフォーマンスで応えてくれる中野さんと懇親会。

動画を見ながら、卵かけごはんを掻きこむ人々。そういえば、食レポ動画だったっけ。

ちなみに私のお勧めはフランス料理「ガレット」の回です。
大変腰が低く、やさしさに満ちた中野さんは、オンラインでもオフラインでも「あったかい」対応で迎えてくださいますよ!