奥田塾展示会2019を振り返る

2019/04/07

つくるのいえ2回目となる奥田塾展示会。3月末に行われました。
今年は、新年号の発表をひかえ、例年よりも”しめくくり”の空気が濃い年度末でしたね。

大きく天候が崩れることもなく、小さなお客様から大きなパンダさんまで色んな顔ぶれが揃い、関係者共々にぎやかな4日間を過ごしました。ありがとうございました!

展示に先立って作者と関係者によって行われた搬入日には、作品が並ぶ光景を思い浮かべながら、様々な意見を交わし、吊るしては下げ、移動してはまた戻し、、、朝から晩まで皆で戦いました。

その成果が

ほどよい緊張感と、強さを生んでいました。

展示に込める想いは、作品がお客さんの目や心に触れてくれることではあるけれど、よい展示になると自分も嬉しい。ああ、君はここに飾られてこんなに輝くんだね、ああ、この場所はこんな静ひつな空気をたたえることができるんだね。私の頭の中は、なりきりポエットでした。(なんでポエムを書く人はポエマーではなくて、ポエットなんでしょうね。)


ギャラリーショップの様子


高尾ファームの野菜。普段は奥田染工場前の無人販売所で購入ができます。今回は特別に珍しい品種も並びました。

奥田染工場のオープンファクトリーは週末に少し混みすぎてしまい、説明の声が遠くなってしまわれた方、ごめんなさい。
工場の入り口に行列ができることは稀なので、並ぶ人を見てビワの木もびっくりしたことでしょう。

また、今年は少し趣向を変えて、古民家で過ごす時間を満喫すべく、カウンターを設置。隣席同士で会話がうまれ、思わぬ共通点をみつけたりと、”人がつながる、ものづくりの場”を体現した4日間でもありました。


見たり読んだり、食べたり話したり。


のえさんの占い

近隣からも、遠方からも、お越し下さった方々ありがとうございました。皆さんとお話したり笑ったりできて嬉しかったです。未体験の方は、また今度をお楽しみに、、!次の企画も構想中ですよ、ふふふ

———————

<奥田塾告知>

今期の奥田塾『布を染める教室』スケジュールは奥田染工場のWebサイト、奥田塾のページにて更新されています。
http://www.okudaprint.com/school/

今期より、従来の第三土曜日のみの開催から、金曜日か土曜日か、ご希望日を選択出来るよう、二日間の開催に変更になります。
詳細は上記のリンクをご覧ください。

前半の技術的講義は自由参加となり、ものづくりのみをしたい方は朝から製作可能です。

製版やデザインの講義も引き続きあります。

本年度もどうぞよろしくお願いいたします。

平成31年度 奥田塾カリキュラム

日程実習内容

4月19日(金)20日(土)
反応染料プリント
5月17日(金)18日(土)
顔料の調色・顔料プリント・酸性染料プリント
6月14日(金)15日(土)
反応染料の防染プリント
7月5日(金)6日(土)
硫化染料の抜染プリント
8月23日(金)24日(土)
顔料プリント・特殊バインダープリント(箔/発泡/ラメ/光沢/オパールetc…)
9月20日(金)21日(土)
立体加工(塩縮/リップル/縮絨/熱可塑性)or反応染料のプリント
10月18日(金)19日(土)
藍染プリント or 顔料プリント
11月15日(金)16日(土)
天然染料プリント or 酸性染料プリント
12月13日(金)14日(土)
酸性防染プリント or オパールプリント or 作品制作
1月17日(金)18日(土)
作品制作
2月14日(金)15日(土)
作品制作
3月13日(金)14日(土)
作品制作
※3月末~4月頭頃 展示会を行う予定です。