八王子の歴史文化 百年の計

2020/04/27

八王子市教育委員会が発行する八王子市歴史文化基本構想「八王子の歴史文化 百年の計」に「つくるのいえ」が文化財の保存・活用事例として掲載されました。

以下全文、引用


 中野上町は、織物のまちの”おもかげ”を残しつつ、新しい取り組みを模索しながら発展しようとしている町です。昭和17年(1942年)、葛飾区から奥田染工場が移転してきました。バブル期に繊維産業が斜陽産業となった時は、人のつながりを大切に考えて染工場を継続しました。現在では、繊維関連の”ものづくり”の拠点として、生産地とクリエイター、生産地と生産地をつなぐ「つくるのいえ」(中野上町一丁目)をオープンしました。モノ・コト・人が楽しく交流する中で、八王子の織物の伝承を未来につなげる活動をしています。

(p.150に掲載)